前へ
次へ

学校の教育は将来生きるために役立つことばかり

子供は些細な事に疑問や関心を持ちますが、学校で教育を受けるのはなぜか、親に疑問をぶつけることがあります。大人になってからもっと勉強をしておけばよかったと、後悔をする人はとても多いです。でも学生時代には勉強はあまり好きではなく、教育を受ける意味さえ分からなかったかもしれません。なぜ学校で勉強をしなければならないのか、その理由の一つは将来社会に出てから困らないためです。中学や高校や大学ではあらゆることを学びますが、その知識は決して裏切ることはありません。先生から授業で苦闘で教えてもらい教科書や参考書を読み、定期的にあるテストに向けて真剣に勉強をする繰り返しですが、社会に出てからの仕事に必要な事ばかりです。働くようになればさまざまな書類を読まなければなりませんし、クライアントとのやり取りは真剣そのもののテストですから、子供時代の教育は社会に出てから役立つことになります。国語で学ぶ読解力も、英語の授業で得た英会話も必ず大人になって役立つことです。

Page Top