前へ
次へ

教育の存在意義、価値観も人それぞれ

教育の存在意義は、学生の中でも、その価値観に様々な違いが存在します。一般的には、社会的に必要な知識を身に付け、社会人として共存共栄できる力を身に付ける話でもあるでしょう。ただし、戦国時代の豊臣秀吉は、農民の出身でありながら、天下を取った人物でもあります。ある学者の教育における存在意義は、豊臣秀吉の様に自分自身で考える力を養うものであり、知識の植え付けだけではないと言葉を出されているのです。また、現在の教育は、予め問題が提示されている話でもあり、問題そのものを発見する力も弱くあるでしょう。豊臣秀吉の時代は、自分自身で問題点を探す必要性もあり、自分で考える内容に違いもあります。現在の社会は、豊臣秀吉の時代と同じく、自分自身で問題点を探す必要性もあり、自分自身の中での考える必要性もあるのではないでしょうか。禅は、内面に意識を向け自問自答する姿もあり、日本の教育に取り入れるべき内容かもしれません。海外の方の中には、禅に興味がある人も割と多く、発想力を高める目的として取り込んでいる人もいます。このままの日本では、世界に取り残される可能性もあり、新たな価値観を求める必要性もあるはずです。

Page Top